読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zakihayaメモ

RubyとRailsのことが中心

Railsでメールを送信する機能を実装する時はmailcatcherを使うと便利

Webアプリを作っていると、メールを送信する機能を作ることがよくあるかと思います。 そんな時はmailcatcherというgemを使うと、仮想SMTPのような形で使えるので便利です。

準備

Gemfileを更新して、 bundle install します。

# Gemfile
group :development do
  gem 'mailcatcher'
end

設定ファイル記述

# config/environments/development.rb

Rails.application.configure do
 ・
 ・
 ・
  # 開発時のメール関連はMailCatcherを利用
  # RAILS_ROOTでbundle exec mailcatcherを実行し、http://127.0.0.1:1080/でメールが確認できる
  config.action_mailer.default_url_options = { host: 'localhost:3000' }
  config.action_mailer.delivery_method = :smtp
  config.action_mailer.smtp_settings = { :address => "localhost", :port => 1025 }
 ・
 ・
 ・
end

送信されたメールを確認する

mailcatcherを起動します。

$ bundle exec mailcatcher
Starting MailCatcher
==> smtp://127.0.0.1:1025
==> http://127.0.0.1:1080

起動したら http://127.0.0.1:1080/ にアクセスすると、下のような画面が表示されます。

f:id:zakihaya:20141208110133p:plain

確認する

今回はconsoleからメールを送信して確認してみます。

# メール本文
mail = Mail.new do
  from    'test-from@example.net'
  to      'test-to@example.net'
  subject 'Test mail using mailcatcher'
  body    'There is a test mail.'
end

# SMTPの設定。ActionMailerに設定したのと同じもの。
mail.delivery_method :smtp, { :address => "localhost", :port => 1025 }

# メール送信
mail.deliver!

http://127.0.0.1:1080/にアクセスすると、メールが届いています。

f:id:zakihaya:20141208111138p:plain

あら便利。